屋根塗装の豆知識

東大阪の外壁塗装・屋根塗装は職人直営店へ 株式会社ファイン・リコート
メールでのお問い合わせは24時間365日受付中
お電話でのお問い合わせ・ご相談は0800-888-2858
  1. ホーム
  2.  ≫ 外壁塗装の豆知識
  3.  ≫ 屋根塗装の豆知識

外壁塗装の豆知識

屋根塗装の豆知識

屋根塗装の豆知識

外壁塗装を検討した際に、「せっかく外壁も綺麗になるし足場も立てるのだから、屋根塗装もやってしまおう」と考える方は意外と多いです。
しかし、屋根は目には見えにくい部分ですので、外壁と比べても塗装業者に全て任せてしまうというケースもよく耳にします。

繰り返しになりますが、せっかく塗装工事を行うのです。
全て塗装業者に任せてしまうのでなくご自身でも「どんな塗料を使うのか?どういう効果があるのか?」など、しっかり内容を把握した上で屋根塗装を行うようにしましょう。

●各屋根材の注意点

屋根には様々な屋根材が存在し、東大阪市ですとカラーベストか洋瓦が多いように感じます。
そして、適した塗料も屋根材によって違いますし、注意すべき点も変わってきます。

それでは、よく使用される屋根材毎の注意点を見ていきましょう。

・瓦屋根(洋瓦)

瓦屋根の場合、「スラリー層」と呼ばれる部分を綺麗に除去してから塗装を行う必要があります。
「スラリー層」とは、セメントや砂などを合わせた着色剤ですが、このスラリー層が残った状態で上から塗装してしまうと、劣化したスラリー層と一緒に塗装が剥がれてしまう原因となります。
そのため、瓦を塗装する際には細心の注意が必要となります。

・スレート屋根(カラーベスト)

スレート屋根を塗装する場合は、高圧洗浄で汚れや苔などを綺麗に除去してやる必要があります。
スレート屋根は屋根材の中でも苔が比較的発生しやすい素材となっています。
そのため、まずは高圧洗浄でそれらを洗い流す事が大切です。

また、スレート屋根は適切な下塗り材を選ぶ事が重要となります。
劣化が激しい場合は下塗りを吸い込みすぎてしまう恐れがあるので、状況に応じて下塗りだけで2〜3回塗る必要もあります。
同時に、「縁切り」が必要かどうかを見極めなければなりません。

・トタン屋根

トタン屋根は、しっかりとケレン作業を行い、錆止めを塗布する事が重要です。
ケレンとは、ヤスリや工具を使用し、トタン屋根や鉄部の汚れやサビ、旧塗膜を落とす作業です。

●ファイン・リコートのおすすめ塗料

お家の構造や環境にもよりますが、夏場の室内の暑さが気になる方には、遮熱塗料をおすすめします。
遮熱塗料は2〜3度程温度を下げる効果があると言われているので、夏場の光熱費削減にも繋がります。
塗膜自体の寿命も、15〜20年と他の塗料と比べても長めですのでコストパフォーマンスにも優れます。

また、フッ素塗料もおすすめです。
一般的なシリコン塗料より上のグレードがフッ素塗料ですが、何より耐久性の高さが特徴です。
屋根は太陽光や雨風といった環境の影響を外壁よりも大きく受けます。
そのため、少しでも耐久性の高い塗料を使用するのが長い目で見ても得策なのです。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ・ご相談は0800-888-2858

東大阪の外壁塗装・屋根塗装は、工事の大小問わず株式会社ファイン・リコートにご用命ください。

電話でのお問い合わせ・ご相談は、上記の電話番号までお気軽にご連絡ください。
スマートフォンでご覧いただいている方は、上記バナーをタップしていただくとそのまま発信が可能です。
施工中などで電話に出れない場合は、お手数ですがメッセージをお残しください。
折返しご連絡させて頂きます。

メールでのお問い合わせ・ご相談は24時間受付中

メールでのお問い合わせ・ご相談は、上記バナーよりお願いします。
メールフォーム画面に移動しますので、必要事項をご記入の上、送信ボタンを押してください。
内容を確認させて頂き、2営業日以内にご連絡させて頂きます。
ご相談・ご質問だけでも構いません、まずはお気軽にお問い合わせください。


© 株式会社 ファイン・リコート All Rights Reserved.