外壁塗装の見積書で注意すべきポイント

東大阪の外壁塗装・屋根塗装は職人直営店へ 株式会社ファイン・リコート
メールでのお問い合わせは24時間365日受付中
お電話でのお問い合わせ・ご相談は0800-888-2858
  1. ホーム
  2.  ≫ 外壁塗装の豆知識
  3.  ≫ 外壁塗装の見積書で注意すべきポイント

外壁塗装の豆知識

外壁塗装の見積書で注意すべきポイント

外壁塗装の見積書で注意すべきポイント

塗装工事はほとんどの場合において、一度行うと次回行うのは十数年後になります。
ですので、ファイン・リコートにご依頼いただく方でも、初めて外壁塗装を行う方、前回の工事を忘れている方が多くいらっしゃいます。
普段の生活で馴染みが薄い外壁塗装工事、いざ見積もりを取っても何を見たら良いのかわからない方もいらっしゃるでしょう。
ですので、ここで外壁塗装の見積書で注意すべきポイントをご紹介します。

注意すべきポイントは、大きく2つあります。

●見積書に塗料名の記載があるかチェックする

外壁塗装の塗料には非常に多くの種類があり、また各メーカー毎に様々なモノが販売されているのでその数は膨大な数になります。
しかし、それは当たり前の事なのです。
なぜかと言うと、塗料は建物の素材に応じて、適切な塗料を選ばなければなりません。
建物自体が一軒一軒違う材料を組み合わせて作られているので、どうしても様々な種類の塗料が必要となるのです。

塗装業者から見積書を渡された際には、見積書に塗料の名前が記載されているかチェックしましょう。
そして、「なぜこの塗料を使うのか?どんなメリットがあるのか?」をしっかり確認しましょう。

ご自身で確認せず全てを業者任せにしてしまうと、本当にその塗料を使用しているのかわからなくなってしまいます。
また、塗料によって値段が違いますので、使用する塗料の記載が無い場合、何を基準に値段を出したのか不明です。
「何の塗料を使ってるのか?なぜこの値段になっているのか?」も併せて確認してください。

そして、使用する塗料の耐用年数もしっかり確認しておきましょう。
塗料によって耐用年数は違ってきます。
使用するそれぞれの塗料の耐用年数を聞き、皆さんの人生設計に最適な塗料を使用してもらう事が重要です。

●工程の内訳の記載があるかチェックする

外壁塗装工事には、おおよそ決まった作業工程が存在します。
基本的な工程(戸建て住宅の場合)ですと、以下のような順番になります。

①足場の組立
②高圧洗浄作業
③養生貼り
④下塗り
⑤中塗り
⑥上塗り
⑦付帯塗装
⑧養生剥がし
⑨足場の解体

これ以外にも、金属部分にサビ止めを塗布する、といった施工が必要に応じて組まれます。

上記の順番を覚えていただいた上で、しっかりと工程を踏んだ外壁塗装工事が予定されているのかを確認しましょう。
東大阪市の塗装業者の中には、他社と同じ見積もり金額なのに、「中塗りを飛ばす」、「下塗りの際にプライマー(中塗り以降の塗料の効果をより強化するもの)が含まれる塗料を使用しない」といった悪徳業者も存在しますので注意しましょう。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ・ご相談は0800-888-2858

東大阪の外壁塗装・屋根塗装は、工事の大小問わず株式会社ファイン・リコートにご用命ください。

電話でのお問い合わせ・ご相談は、上記の電話番号までお気軽にご連絡ください。
スマートフォンでご覧いただいている方は、上記バナーをタップしていただくとそのまま発信が可能です。
施工中などで電話に出れない場合は、お手数ですがメッセージをお残しください。
折返しご連絡させて頂きます。

メールでのお問い合わせ・ご相談は24時間受付中

メールでのお問い合わせ・ご相談は、上記バナーよりお願いします。
メールフォーム画面に移動しますので、必要事項をご記入の上、送信ボタンを押してください。
内容を確認させて頂き、2営業日以内にご連絡させて頂きます。
ご相談・ご質問だけでも構いません、まずはお気軽にお問い合わせください。


© 株式会社 ファイン・リコート All Rights Reserved.