鶴見区にて外壁塗装 Y様邸 ~クラック補修~

鶴見区にて外壁塗装 Y様邸 ~クラック補修~

こんにちは。

ファイン・リコート、広報担当です。

先日より鶴見区のY様邸にて外壁塗装工事に着工しました。

足場を組み終わり、まずはクラックの補修を行いました。

 

今回はただコーキングを注入して補修するのではなく、「Vカット処理」にて行いました。

クラックと一つに言っても、大きく下記2種類に分かれます。

・ヘアークラック⇒建物に大きく影響のない表層の割れ。

・構造クラック⇒建物を傷める可能性のある大きな割れ。

 

そして今回の施工は後者となり、構造クラックにはVカット処理を行います。

まずはクラック部分にV型の歯を取り付けたサンダーで削ります。

削った後の様子です。写真ではわかりませんが、奥の方までクラックがあります。

 

そしてその隙間に専用のプライマーを塗ります。

 

そしてコーキングを打って処理します。

 

本日の施工はここまでですが、この後はヘラで抑えて、下地調整剤を施します。

そしてシーラー塗装などを行い、塗装と進みます。

 

クラックには上記のようにただコーキングを打つだけではいけないこともあります。

しっかりと現場調査にてそれらの症状を見極め、お家のために最も良い施工をご提案、施工させて頂きます。

引き続き現場の様子をお送りします。